鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

いよいよテンションが上がってまいりました

 須恵器の発見により、僕達の期待は膨らむいっぽうです。
だって、須恵器の欠片ですよ? 普通に考えて、他の欠片もどこかに埋もれているはずで
すし、もしかしたら、もっともっと、とんでもない物も眠っている可能性だってあるんですもん。 

 そして、昔どこかの機関が、境内の調査を申し込まれたそうなのですが、お断りさせていた
だいた過去があることも判明しました。 ということは、手付かずの宝の森ってことにもなりま
す。 越木岩神社の歴史を探る。 伝聞とかではなく、証拠をもって解明していく。 それって
最高ですよね。

 そのことについて、大平先生に質問の連射砲です。 何度も何度もお電話したり、お会い
していただいたり。。 先生、お忙しいお立場なのに本当に申し訳ございませんでした。 

 結果、色々なことが分かりました。 まず、僕達素人が思いつく発掘調査。 これはひじょ
うに困難なことだと分かりました。 複雑な手続きを踏んだり、市や大学等にお願いしたり、
場合によっては多額の資金も必要になってしまうそうです。 詳細は長くなるので省きます
が、先生のアドバイスにより、僕たちが達した結論は「表面調査」です。

 表面調査とは、WIKIの言葉をお借りすると、「表面の遺物散布状況を確認する調査、
作業のことをいう。」と、あります。 その結果により、次の段階に進んでいくわけです。 

 しかしながら、誰にでもできる作業ではないそうです。 何も知らない素人が何かを発見し
ても信憑性に欠けてしまいますし、破壊や盗難、その他諸々の理由で、おいそれと取り掛か
れる作業ではないと知りました。

 次回、隆光君の頑張りで、事態は大きく前進します^^


別窓 | 遺物を探そう 表面調査 | コメント:0
∧top | under∨
<<調査に向けて大きく前進! | 鎮守の森を楽しもう! | 須恵器再発見を振り返ると不思議の連続でした>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |