鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

須恵器捜索の結果とその正体

 ございました^^
結局、宮司さんが拝殿脇のケースに大事に保管されていました。 それがこちらです。

須恵器1-1

 ご挨拶とお礼を兼ねて、大平先生にお会いしていただき、こちらをご確認していただいた
ところ、これで間違いないとのことです。  当時の資料から発見年月日も調べていただい
て、平成12年11月13日でした。 初めて先生にお目にかかることができたのですが、僕達
二人、先生のお人柄とお話に引き込まれてしまいました。 誠に申し訳のないことですが、こ
の日より先生への軽めのストーカー行為が開始されることとなります^^

 この画像からは分かりづらいかとは思いますが、小さく薄く、生活用ではなく、祭祀に用いら
れた物であろうとのことです。 年代は、700~900年までだそうです。


須恵器1-2

 その帰り道、考古博物館の村上先生にもお礼に伺いましたが、残念ながらご不在でした。 
いらっしゃった皆さんにもこちらを見ていただいたのですが、大平先生と同じようなご意見を
いただきました。 最高に幸せな一日でした。

 先生に教えていただいたのですが、磐座(いわくら)への自然崇拝の結果、そばに建築物
が建ち、それが神社へと繋がっていったそうです。 それが越木岩神社です。

 すごくないですか? 甑岩って。 
 そんな大昔から信仰の対象であり、人々に敬われてきたんですね。


別窓 | 越木岩神社と僕 | コメント:0
∧top | under∨
<<須恵器再発見を振り返ると不思議の連続でした | 鎮守の森を楽しもう! | 借りた本のチェックと大平先生へのご連絡と大事件>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |