鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

カワニナ 飼育報告③

 ついに赤ちゃんが誕生しておりました^^ 
飼育を開始して15日目の事でした。 いつものように、水温と水槽内のチェックをしなが
らカワニナと話していると(気持ち悪いおっさんは貝とも会話します)、壁面に小さな黒い
点々があることに気が付きました。


 ちょっと分かりづらいでしょうか。 これはもしかしてと思い、デジカメの接写モードでよ
く確認してみると、
黒い点々

 カワニナの赤ちゃんでした。。 とても小さいです。 産まれたてでしょうか?
待望の赤ちゃん

 大きさを測ると、1~2ミリの稚貝達です。
2mm

 僕の飼育方法は間違っていなかった。。 そう思えた瞬間でした。 色々勉強してみる
と、ホタルよりカワニナの飼育や繁殖の方が難しいとありましたので、内心ひやひやして
おりました。 僕の中ではホタル繁殖への大きな一歩です。 

 壁面に付いている赤ちゃんだけ数えてみると28匹おりました。 水槽内には何匹いる
のでしょうか? 想像するだけでニヤけてきます^^ 今後は、もう少し大きく育ててから、
神社の倉庫内に製作予定の水槽に移していきます。 密度を考えたうえでのことです。
 その水槽の水は、境内の小川から運び入れ、ある程度育てた後、小川に放流していく
予定です。 

 因みに今、水槽はこんな感じで落ち着いています。 近い内に、川底から落ち葉を拾っ
てきて足さないといけません。 不足している気がします。 これは今朝撮影したのですが、
カワニナ君達は潜っているみたいですね。
2週間経過した水槽内

 赤ちゃんは、1年経って大きさが1センチほどになると繁殖可能となるみたいです。

 僕の水槽内の事をもう一度説明します。
水・・・水道水をカルキ抜きも使用せず、数日間太陽にあてながら循環させました。
砂、泥、・・・川底からさらってきました。
餌・・・これも川底から、落ち葉、枝を拾ってきて、卵の殻をぬめりをとって与えています。
水温・・・15度を下回らないように努力しています。
(細かい事は省略)

 また何か、変化がありましたら報告させていただきます。



にほんブログ村
別窓 | ホタルが舞う森に 繁殖に挑戦 | コメント:0
∧top | under∨
<<今年初の伐木作業です こしきいわの森を育てる会 | 鎮守の森を楽しもう! | カワニナ 飼育報告②>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |