鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

カワニナ 飼育報告

 8日が経過しましたが、今のところ殉職者0。
まだ増えてはいなさそうですが、1匹も死なせていないので順調だと言えると思います。 
 
 こちらはカワニナを投入した翌日の水槽です。
カワニナ3


 若干茶色に濁っていた水も徐々に透明になっていき、カワニナも活発に動き始めた
ように見受けられました。 ここで、最低限度知っておきたい事を申し上げます。

・雌雄同体ではない。 一見しただけではオスメスの区別はつかない。 ほぼ同数。
・15~18度が適温。 10度以下だと砂に潜り、26度以上だと死ぬ個体が出る。
・落ち葉の他に、細かく潰したコイの餌、葉物野菜や果物の皮も食べる。 カルシウムを
摂取させる為、卵の殻や貝殻を与えるのも忘れずに。 稚貝の成長にも必要。
・水換えは、一気にやらず、半分か3分の1ほど換える。 急激な環境の変化には弱い
ので、餌を与える時は食べ残しが出ないように気をつけ、交換の回数を減らす。 
・環境さえ整えてあげれば5年以上生きる。

 本当は、細かく挙げたらキリが無いのですが、ここでは省略します。

 我が家の水槽の次の課題は、藻の発生を促進する事です。 手っ取り早く済ませよう
と思ったら、ある程度の大きさの石を沈めたら良いようです。 川で藻の付いた石を拾お
うとも思いましたが、どんな生物が付着しているか分からないので断念しました。
 もう一つ重要な課題があります。 水温です。 室内だから何とかなると思っていました
が、考えが甘かったようでカワニナ君達の半数以上が砂に潜っています。 活発に動いて
交尾してもらうためには、やはりヒーターとサーモスタットは必需品ですね。 僕の少ない
お小遣いから何とかしないといけないので、毎日ヤフオクをチェックしております。。

 我が家のカワニナ君です。 いつも眺めていたら可愛く思えてきましたw
カワニナ2

 今後も更に勉強し、色々と工夫していくつもりです。 また報告させていただきます。


別窓 | ホタルが舞う森に 繁殖に挑戦 | コメント:0
∧top | under∨
<<腐葉土を作ってみよう!⑤ 仕込み作業完了です | 鎮守の森を楽しもう! | 野鳥の観察って楽しいですね>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |