鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

調査の報告です まさかこんな物が。。

 第5回目(平成28年2月18日)表面調査の結果です。(くれぐれも閲覧注意!!)
この日の発見物は、ある意味、須恵器の欠片よりも驚きましたし、恐怖も感じました。
 午前中から、御神体の甑岩周辺を調査していたのですが、少し古めの鉄釘や、お数珠を
バラした様な新しい玉類が多数見つかっていました。 
 しかし、前回は須恵器の欠片という、正にお目当ての物が出ただけに、いまいちテンション
が上がらないまま調査は続いておりました。

 そんな時、ある学生さんが甑岩の隙間の空間に目をやると、ひじょうに不気味な物がこちら
を向いて置かれていることに気がつきました。 彼の元に皆が集まり、その指差す方を見る
と、歓声ではなく、沈黙と言うか、どんよりした空気に包まれました。。

動物の骨

 明らかに動物の頭部の骨ですよね。 よく見たら奥にも何やらあります。 学者の方でした
ら平気でしょうが、僕には強烈過ぎました。。 えらい物見てもうた。。 って気持ちでした。
 しばらくしたら落ち着いてきたので、まずは画像を撮って、学生の皆さんに、「これ誰か回収
してもらえる?」って聞いてもシーンとしてます。 そりゃそうですよね。 当然ですよね。。

 なんだかんだで回収が終わり、奥の物も動物の頭部だと判明しました。 
 両方共、下顎が付いていないどころか、他のパーツも見当たりません。 よって、ここで2
匹の動物が自然に死んだとは考え難く、誰かが何かの目的で置いたとしか考えられません。 
 何時、誰が、何の為に、謎ばかりですが、やはり祭祀に用いられた物なのでしょうね。 大
平先生は骨の専門家ではないので、専門の機関に持っていくしか無さそうです。  
 一応、保健所と警察には持って行き、報告だけは済ませておきました。 色々と相談して
みましたが、「どないせえ言うねん」って思われたことでしょう。。 ご迷惑おかけしました。

 勿論、神社の皆さんも心当たりは無く、忙しさと恐ろしさにかまけて未だに鑑定していただ
いておりません。 骨の専門家の方、いらっしゃいませんか?  

 色々な物が出てきちゃいます。 学者の方々には宝の山かもしれません。 僕も今更では
ありますが、本を購入したり、考古学研究会に入会したり、少しずつ勉強しております。

 もし、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、須恵器の欠片等お見せできます。 前もっ
てご連絡ください。 また、大学の考古学研究会等の皆様、表面調査にお力添え頂けたら幸
いです。 よろしくお願いいたします。

 
 

別窓 | 遺物を探そう 表面調査 | コメント:0
∧top | under∨
<<神社を埋め尽くす大量の落ち葉 | 鎮守の森を楽しもう! | 丸太(倒木)でベンチを作ってみました ③>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |