鎮守の森を楽しもう!

   『町のみんなで神社おこし』     我が町の神社を活性化させたくて遺物の調査や森の整備を行っています。    椎茸の原木栽培、ホタルの繁殖、野鳥や昆虫の観察、腐葉土や木工品の製作、楽しそうな事は何でも挑戦します。         西宮にお越しの際は越木岩神社にお立ち寄りください。千年以上の昔から人々の信仰の対象である甑岩もございます。

第一回表面調査

 平成27年10月10日、記念すべき第一回表面調査が行われました。
まずは安全第一、森は急斜面が多いですからね。 足を滑らせたら大変です。
 次はルールを守る。 あくまでも表面調査です。 積み重なった落ち葉をどかすのはOK
ですが、土を掘る等してしまったらアウトです。 発掘調査になってしまいますからね。 表
面調査にて遺物の分布を調べていく。 これが目的です。 大平先生にお教えいただいた
とおり、地図から場所を決めて、各自作業を進めていきます。 

 僕の役割は、みんなの安全確認とお世話係。 見てるだけでも楽しいですよ^^

 しかしながら、なかなかお目当ての物は出てきません。 中心に穴の開いた球状の物は
沢山出てきますが、明らかに現代の手首に付けるお数珠がバラけた物でしょう。 誰が何の
目的で境内の森に撒くのか(捨てる??)、素人の僕には分かりません。 でも、大平先生曰
く、中に現代の物ではない物もあるそうですし、発見物は発見物です。 きちんとビニールに
入れ、保管いたします。

 表面に出ている物を探すだけですから、そう簡単に見つかるはずがありませんし、中々見
つからないから価値もあるんでしょう。 

 「一度探した場所でも。強い雨が降った翌日等は、地中の物が上に浮き出てくる。」、これは
勉強会の時の先生のお言葉ですが、雨が土砂を流すということです。 なるほどと思いました。

 この後も、めげずに慎重に、ルールを守って安全に、調査は実施されていくこととなります。

 神戸大学、関西学院大学の考古学研究会の皆さん、そして大平先生、本当に本当に、あり
がとうございます。


別窓 | 遺物を探そう 表面調査 | コメント:0
∧top | under∨
<<神社の森に蛍が舞ったら素敵だろな | 鎮守の森を楽しもう! | スウェーディッシュトーチを作りました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 鎮守の森を楽しもう! |